ウエスト引き締めベルトは痩せる効果がある!

腹筋ベルトのイメージ写真

 

ウエストに巻くだけで理想の体型が手に入る腹筋ベルト。

 

今まで食事制限や運動など様々なダイエットに挑戦してきても効果がなかったのにウエストにベルトを巻くだけでお腹を引き締めるなんて胡散臭いですよね。

 

このページでは、引き締めベルトでウエストのサイズダウンに成功したずぼら夫婦がウエスト引き締めベルトの効果についてお伝えしていきます。

 

  • ずぼらが私達がどれだけ痩せれたのか?
  • どうしてベルトを巻くだけで痩せれるのか。

 

そんな疑問の答えをここでは紹介していきます。

 

ウエスト引き締めベルトの効果

 

ウエスト引き締めベルトの効果に疑問を持つイメージ写真

 

ウエスト引き締めベルトとは、巻くだけでウエストを引き締めることができるベルトのこと。

 

代表的なもので、Vアップシェイパーやスレンダートーンなどの商品が挙げられます。

 

ですが、ウエスト引き締めベルトには

 

  • お腹に巻くタイプ
  • 引き締めたい部位に貼り付けるタイプ

の2種類のものが存在します。

 

それぞれの効果について確認していきましょう。

 

お腹に巻くタイプのウエスト引き締めベルト

お腹に巻くタイプのウエスト引き締めベルトのイメージ画像

 

お腹に巻くタイプのウエスト引き締めベルトには、「姿勢を矯正するもの」と「EMSを利用したもの」の2種類があります。

 

姿勢を矯正するタイプのものはVアップシェイパーやコルセットのようなもので、強制的に正しい姿勢をとるような工夫がされている引き締めベルトです。

 

私達は普段姿勢を正す機会が少ないばかりか、楽な悪い姿勢をとり続けていることで腹筋や背筋が衰えてしまっています。

 

ですが、姿勢を矯正するタイプのウエスト引き締めベルトは姿勢を正し、衰えた腹筋や背筋、腹斜筋などを鍛えてウエストを引き締めるための筋肉をつける効果があります。

 

ベルトを使わないで正しい姿勢をとれるようになるころには腹筋や背筋がついてきているので、筋肉のゆるみによるお腹のたるみが解消されることが期待できます。

 

張り付けるタイプのウエスト引き締めベルト

張り付けるタイプのウエスト引き締めベルトのイメージ画像

 

張り付けるタイプのウエスト引き締めベルトは、EMSの力を使ってウエストの引き締めを行います。

 

お腹に巻かない時点で引き締め「ベルト」というのには疑問を覚えますが、一般的にウエストを引き締める「ベルト」として認識されています。

 

EMSは電気信号を筋肉に行うことで強制的に筋肉を動かして筋トレの効果を得るものです。

 

皮下脂肪や内臓脂肪なども気になるかもしれませんが、EMSでお腹の筋肉をつけることでウエストを引き締めることができます。

 

EMSは普段使われていない腹筋を電気信号によって収縮させ、筋肉を鍛えるというもの。

 

電気を使った収縮を行うので、つけているときに疲れることはありません。

 

腹筋がつきはじめるとウエストが引き締まって筋肉のゆるみによるお腹のふくらみを解消することが期待できます。

 

また、筋肉が増えれば必然的に基礎代謝も上がり、脂肪が燃焼しやすい体を作ることができるのです。

 

おすすめのウエスト引き締めベルトはこれ!

私達がおすすめしたいウエスト引き締めベルトは

  • 3D Shape
  • VアップシェイパーEMS
  • バタフライアブス

の3種類です。

 

3D Shaper

 

 

EMSの電気をウエストを引き締める筋肉全体にいきわたらせることができるのが3D Shaper。

 

電気信号を送る電気パッドがEMS器機の中でも特に多い8つもついています。

 

8か所からウエストを引き締めるための筋肉に電気を送ることができるので、効率の良いウエスト引き締めが可能になります。

 

着け心地やEMSを着けている時間が短いのも魅力ですが、ライザップが開発したEMSなだけに価格が高いのが残念です。

 

3D Shaper購入サイトへのリンクボタン

 

3D Shaperレビューページへのリンクボタン

 

VアップシェイパーEMS

 

VアップシェイパーEMSの商品写真

 

もともと姿勢を正すために開発されたVアップシェイパー。

 

そんなVアップシェイパーにEMS器機が追加されたのがVアップシェイパーEMSです。

 

姿勢の矯正をしながらEMSによるウエスト引き締めも期待できるので、引き締め効果が期待できます。

 

ただ、EMS器機が外れやすく、着脱はしづらいので使いやすさの面ではほかのウエスト引き締めベルトよりも劣っているのが残念です。

 

VアップシェイパーEMS購入サイトへのリンクボタン

 

VアップシェイパーEMSレビューページへのリンクボタン

 

価格で選ぶならバタフライアブス!

 

バタフライアブスの商品写真

 

蝶々の形をしており、ウエストの筋肉にバランスよく電気信号を送ることができるEMSウエスト引き締めベルトがバタフライアブス。

 

ウエストの引き締めだけでなく二の腕や太ももなど、ウエスト以外に引き締めたい部位にも使用できるのが魅力です。

 

また、EMSタイプのウエスト引き締めベルトの中でも特に価格が低いのも特徴の一つです。

 

ただ、EMSを着けていなければいけない時間が長いのが残念なポイントです。

 

バタフライアブス購入サイトへのリンクボタン

 

バタフライアブスのレビューページへのボタン

 

姿勢を良くするなら引き締めベルト以外にも方法が

 

姿勢を正して腹筋や背筋をつけるというのであれば、ウエスト引き締めベルトを購入しなくてもほかにもっと良い方法があります。

 

それは、加圧シャツを使用すること。

 

腹筋引き締めベルトで姿勢を正すことができるのは、引き締めベルトのウエストを締め付ける力があるからです。

 

加圧シャツを使えば、ピシッと上半身を起こした正しい姿勢をキープできるので加圧シャツのほうが効率がいいと言え明日

 

EMSを使わないウエスト引き締めなら加圧シャツがおすすめ!

 

加圧シャツのイメージ画像

 

ずぼら夫婦がおすすめしたいウエスト引き締めベルトは、EMSのついたウエスト引き締めベルトです。

 

ですが、EMSが付いたウエスト引き締めベルトはどうしても価格が上がってしまいます。

 

だからといって姿勢を矯正するためにEMSのついていないウエスト引き締めベルトを購入するのはおすすめできません。

 

なぜなら、ウエスト引き締めベルトはあくまでウエストにしか締め付け効果を得ることができないから。

 

それだったら上半身全体を締め付けて姿勢を矯正してくれる加圧シャツのほうがよっぽど姿勢を正して筋肉をつけるのに役立ってくれます。

 

ウエスト引き締めベルトのおすすめはEMSベルト!

ウエスト引き締めベルトを使用するなら、おすすめはEMSタイプのウエスト引き締めベルト。

 

EMSは自宅でリラックスしているときにも使用できるので、仕事を終えて一休みしている最中にウエストの引き締めを行うことができます。

 

特におすすめなのは、着ける面倒がなく、姿勢を変えたときにEMS器機が取れないウエスト引き締めベルトです。

 

ずぼら夫婦ぽんたとぽこみは「EMSがついているタイプのウエスト引き締めベルト」を3週間着用するだけでウエストの引き締めができました!

 

ウエスト引き締めベルトで

 

ぜひずぼら夫婦の腹筋ベルト引き締め作戦の結果をチェックしてください。