ems腹筋ベルトでお腹痩せはできる!おすすめの腹筋ベルト紹介

ems腹筋ベルトにお腹を引き締める効果はあるの?

と聞かれたら、管理人の私達は迷わず「はい。」と答えます

私達夫婦は複数のemsを試しましたが、どれも1ヶ月で
ウエスト最大−4p
腹囲最大−2.5p
体重最大−1.8s

と、お腹を引き締めることができたからです。

当サイト「ずぼら夫婦EMS」では私達ずぼら夫婦が実感したems腹筋ベルトのお腹を引き締める効果や、実際に使用してみておすすめしたいと思ったEMSを紹介しています。

※このページでは、最初にemsの効果について紹介をしています。emsを使用したレビュー結果を見たい方は「こちら」をタップしてください。

EMSベルトのお腹を引き締める効果

ems腹筋ベルトのイメージ画像


EMS(Electrical Muscle Stimulation)は体の外から電気信号を筋肉に伝える機械のことです。

リハビリや治療を目的とした医療機器として開発されたものですが、電気信号を送って筋肉を収縮させるという点でアスリートのトレーニングやお腹を引き締めるダイエット機械としても活躍しています。

emsの引き締め効果はアメリカの学術記事でお腹を引き締める効果があると発表されるほどです。
参考:The Effects of Neuromuscular Electrical Stimulation Training on Abdominal Strength, Endurance, and Selected Anthropometric Measures

また、お腹を引き締めるだけでなく、emsベルトの形状によっては太ももや腕の筋トレ効果も見込めるため、
  • 楽して痩せたい
  • 時間がないけどお腹を引き締めたい
  • 運動は苦手だけどダイエットしたい
という方に絶大な支持を得ています。

emsお腹の脂肪がなくなるわけではない

お腹についた脂肪のイメージ


emsは筋力を強化するために使用する機械なので、脂肪をなくす効果は一切ありません。

ですが、筋力が増えるということはそれに伴い生活の中での「筋肉の運動量」「消費するエネルギー」が増えるということにつながります。

emsで脂肪を落としてお腹を引き締めるのではなく「emsで筋力を増やしつつ、脂肪を落としやすい体を作る」というのがems腹筋ベルトの効果だと覚えておきましょう。

家庭用よりもエステのemsの効果的

エステサロンのemsのイメージ

家庭用のemsとエステサロンで使用されるems。

どちらとも同じく電気信号で筋力増加を狙っているわけですが、emsの効果が表れやすいのはエステサロンで使用されるemsです。

家庭用でもお腹を引き締めることはできますが、エステサロンでemsの施術を受ける場合にはプロが効果的な部分にピンポイントでemsの電気信号を送ってくれます。

家庭用のemsはランニングコストを抑えて楽にお腹の引き締めができますが、少しコストがかかってもしっかり引き締めたいというあなたはエステサロンでemsの施術を受けるのがおすすめです。

家庭用EMSとエステサロンのEMSの効果については「EMSの効果|エステと自宅で使えるEMSを徹底比較」で詳しく紹介しています。

emsでどれくらいお腹を引き締められたのか

emsを使用する前のお腹の写真


夫のぽんたは筋トレがめちゃくちゃ嫌いなので、楽してお腹を引き締められないかと考えていました。

そんな時にテレビで見かけたのがお腹を引き締めるemsベルト!

emsがどれだけ素晴らしいものなのかを嫁のぽこみにプレゼンして購入するお許しをもらうことができました。

「楽なお腹の引き締め」をしたいので
  • 食事制限
  • 特別な運動
は一切しません。

emsのみの効果でどれだけお腹を引き締めることができたのかを紹介します。

ぽんたのemsベルト使用結果

ぽんたが使ったEMSは
・VアップシェイパーEMS
・3D Shaper
の2種類。

まずはVアップシェイパーEMSの効果発表から
VアップシェイパーEMS
2017年夏に使用
VアップシェイパーEMSを試したウエストの変化の写真
結果
体重 -0.8kg
ウエスト -1.5cm
腹囲 -2.5cm


次にライザップから出たEMS腹筋ベルトの3D Shaper。

3D Shaper
2018年夏に使用
3D Shaperを試したウエストの変化の写真
結果
体重 -0.4kg
ウエスト -3.5cm
腹囲 -2.5cm


ぽんたは体重こそ減りはしませんでしたが、お腹周りの引き締めをすることができました。

ぽこみのemsベルト使用結果

ぽこみが使ったEMSは
・VアップシェイパーEMS
・バタフライアブス
の2種類。

まずはVアップシェイパーEMSの効果発表から

VアップシェイパーEMS
2017年夏に使用
結果
体重 -1.8kg
ウエスト -3cm
腹囲 ±0cm


次にバタフライアブスの効果発表です。

バタフライアブス使用
2018年夏に使用
ems腹筋ベルトに効果があるのか運動音痴のずぼら夫婦が大検証!
結果
体重 -0.2kg
ウエスト -4cm
腹囲 -2cm


腹筋がまともにできないくらい筋肉がなかったおかげか、EMSの効果は想像していたよりも絶大でした。

EMSのみの効果でお腹を引き締めることができました。

ずぼら夫婦のおすすめは3D Shaper!

ems腹筋ベルトに効果があるのか運動音痴のずぼら夫婦が大検証!


3種類のEMSを利用して感じたことは「つけている時間が短く、着脱が簡単なものが良い!」というものでした。

基本的にEMSはどれを利用しても腹筋の引き締め効果は期待できます。

でも、着脱しにくかったり、EMSをつけている時間が長かったりすると、EMSを着ける直前になってとても億劫な気分になってしまうんです。

その点、3D Shaperはサッと着けれるし、着けている時間が15分程度と短かったので全く手間を感じませんでした。

3種類のEMSの中でもっとも引き締め効果(ウエストと腹囲のサイズダウン)も実感できましたし、さすがライザップといったところでしょうか。

28800円と価格は高いですが「面倒のなさ」と「引き締め効果」で見ると、ずぼら夫婦のおすすめは3D Shaperという結論に至りました。

ems腹筋ベルトに効果があるのか運動音痴のずぼら夫婦が大検証!


EMS腹筋ベルトの選び方

EMS腹筋ベルトは安くないので比較するときにどうしても価格に目が行きがちです。

お金がかかるのはちょっと。。。
と思い私達は最初にVアップシェイパーEMSを購入しました。(まだ安価なバタフライアブスが販売されていなかったので)

ですが、EMSベルトを使ってみるとお金よりも、「面倒くささ」と「着けて邪魔にならないか」の2点のほうが気になりました。

なのでここからは
  • 価格
  • 使用感(使用時間や着け心地、使い勝手の良さ)
  • ウエスト引き締め効果
の3点を比較したおすすめのEMSベルトを紹介していきます。
商品名 価格 使用感 ウエスト引き締め効果

VアップシェイパーEMS

>詳細はこちら
10980円 1回約30分。
締付が強い。
EMS外れやすい
-1.5cm

3D Shaper

>詳細はこちら
28800円 1回約約15分。
装着時冷たい。
-3.5cm

バタフライアブス

>詳細はこちら
9800円 1回約40分。
装着時冷たい。
-4cm

価格で選ぶならバタフライアブス!


バタフライアブスの商品写真


EMSで腹筋を引き締めようと思っても、EMS器機って意外と高いですよね。

ですが、1ヶ月ほどで効果が出ると考えると1ヶ月〜2ヶ月間の使用ができれば問題ないはず。

となると2か月間のコストで計算した時に初回購入でジェルパッドが2枚付いているバタフライアブスが一番安いEMS腹筋ベルトといえます。

長期間使用することを考えるとVアップシェイパーの方がコスパが良いですが、短期のコスパを考えるならバタフライアブスがおすすめです。



効果と使いやすさで選ぶなら3D Shaper!



面倒くささがなく高い効果を実感できたのが3D Shaper。

約15分程度着けるだけで、付け外しも簡単。

つけている間に立ったり座ったりしてもEMSがとれることもなく、動きやすかったです。

1ヶ月の使用でウエスト-3.5cm。腹囲-2.5cm。

楽に使えてつけていても邪魔にならなかったのに驚異の効果を実感することができました。

女性向けに宣伝していることが多いですが、男性のぽんたでもしっかり効果を実感できたので男性にも女性にもおすすめです。



どうせなら姿勢も矯正したいというあなたはVアップシェイパーEMS!


VアップシェイパーEMSの商品写真


価格も低めでEMSの効果も実感できるのがVアップシェイパー。

ですが、もっとも注目したいのは姿勢を矯正しながらEMSの効果を実感できるところにあるとずぼら夫婦は感じました。

普段の生活で腹筋を意識している時間って、思ったより短いんです。

でも、VアップシェイパーEMSなら腹筋を意識して正しい姿勢をとろうとすることで腹筋と背筋を鍛えて姿勢の矯正も期待ができます。

どうせなら姿勢矯正もしたいというあなたはVアップシェイパーEMSがおすすめです。



EMSと腹筋ベルトは別物だった!?


よくよく調べてみると腹筋ベルトには
姿勢を矯正させるような腹筋ベルト
電気で筋肉に働きかける腹筋ベルト
の2つが存在することがわかりました。

姿勢を矯正するお腹に巻くのが腹筋ベルト

お腹に巻くタイプの腹筋ベルトの写真

姿勢を矯正させる腹筋ベルトは、姿勢が正されることによって正しい姿勢を保つときに使用する腹筋と背筋を使うことができるため、お腹の引き締めができます。また、姿勢の矯正をしながらEMSの効果も期待できる腹筋ベルトは電気信号を筋肉に送り、筋肉を収縮させることで姿勢の矯正をしながら筋トレをしているような形でお腹の引き締めができるようです。

姿勢が正されるだけでも、普段あまり使うことのない腹筋を十分に鍛えることができてお腹の引き締めには効果があるようです。

電気で筋肉に働きかけるのがEMS

電気で引き締めをするEMSを紹介する写真
電気で引き締めをするEMSを紹介する写真2枚目

電気信号のみで腹筋を引き締めるタイプのEMSベルトの場合には、効率よく筋肉に電気信号が伝わる工夫がされているため、姿勢矯正の必要がなく腹筋を引き締めることが可能になっています。
純粋にEMSの効果のみの短時間の使用でお腹を引き締めたい方にお勧めの腹筋ベルトとなっています。

姿勢矯正のできる腹筋ベルトは、すこし苦しい感じもありますが、EMSパッドを利用したEMS腹筋ベルトはお腹が締め付けられて苦しくなることがありません。

EMSがあれば腹筋ベルトは必要ありません

EMSの機能さえあれば、おなかに巻くタイプの腹筋ベルトは必要ありません。

ぽんたとぽこみがまず最初に使用したのはヒロミさんプロデュースの「VアップシェイパーEMS」。

姿勢矯正で引き締めを行い、さらにEMSの効果がプラスされたEMS腹筋ベルトです。

姿勢矯正とEMS2つの効果で見事に引き締めに成功しました。

次に使用したのが「3D Shaper」と「バタフライアブス」の姿勢を矯正しないタイプのEMSです。

どちらも姿勢の矯正はできませんでしたが、VアップシェイパーEMSよりもウエストを引き締めることができました。

EMS腹筋ベルトは特徴を理解して選ぶ


EMS腹筋ベルトははそれぞれ特徴のある商品です。

だからこそそれぞれの特徴を理解して購入することが大切です。

私達が3種類のEMS腹筋ベルトを使用して1番気になったのは毎日継続して使う面倒くささです。

VアップシェイパーEMSは着脱が面倒だし、ちょっと姿勢を変えるとEMS器機がすぐ外れます。

バタフライアブスは1回の使用時間が長くてつけるのが億劫になります。

3D Shaperは面倒くささはありませんが値段が高いです。

EMSは毎日継続して使用しないと意味がありません。

私達も初めて購入した時は安さと電気の強さからVアップシェイパーEMSを選びました。

ですが、3種類のEMS腹筋ベルトを使用してみると電気の強さは関係なかったんです。

EMS腹筋ベルトを比べてわかったのは、価格も大事ですが毎日使用することを考えることが大切です。

継続して使用しないとEMSでお腹を引き締めることはできませんからね。

私たちがおすすめしたいEMSは
  • 使用時間が短い
  • 着脱が楽
  • 動いても外れない
  • 筋肉全体に電気が通る
3D ShaperのようなEMSです。

特徴をつかんであえておすすめするのであれば
どれよりも安く購入したいなら「バタフライアブス」を。

使い勝手がよく効果的なものが良いなら「3D Shaper」を。

姿勢矯正ができてジェルなしで利用したいなら「VアップシェイパーEMS」を。
おすすめしたいと思います。

EMSベルト選びに正解はありません。

ずぼらな夫婦の私達は使い勝手が良い3D Shaperが一番気に入っただけなので、あなたが「欲しいな。」と感じたならそれが正解なんだと思います。

理想のEMSでお腹周りをずぼらにスッキリシェイプアップしちゃいましょう^^!